事故車の査定時の減額

事故車の査定時に減額されない為に


事故というのは突然やってきますので、時には大切な愛車が事故車と化してしまう事もあるものです。
もし、事故車になってしまった場合には修理をして直す事もできますが、事故車の状態によっては高額の修理費用が発生してしまいますし、自動車保険では全額まかなってもらえない事があります。
そういった時には事故車を処分して別の車を購入するケースも少なくありませんが、その際の事故車の処分方法としてスクラップに出すという選択肢があります。
人によっては事故車には価値が無いと考え、修理をしないならスクラップに出して処分しようとされる方も少なくありませんが、すぐにスクラップに出してしまわない事が大切です。
なぜならスクラップ処分に出してもおかしくないような事故車の場合でも買取ってもらえる事があるからです。
事故に遭った車は一見すると価値がないように思われますが、実は高い価値を秘めている事があります。
価値の一つの要素としてパーツが挙げられます。
事故に遭った車でも無傷で残っているパーツは少なくありませんが、それらのパーツは取り外して再利用する事ができますので、
そういった部分に価値を付けてもらう事ができます。
特に海外ではそれらのパーツの価値が高いという事もあり、高値で引き取られる事もあるのです。
もし、実際に事故車を売却する際にはできる限りの高値で売れる事が望ましいものですが、その為には迅速な行動が必須となります。
その理由として劣化が挙げられます。
事故に遭って破損した車というのは塗装が剥がれた状態だったり、エンジンが露出するなどの状態だったりしますが、そういった状態ですと劣化が早くなってしまいます。
劣化する事によって残存しているパーツの価値をどんどん落とす事になります。
状態が悪ければやはり査定の際にも減額の対象になってしまいますし、時には価値が無くなって買取不可になってしまうケースもあります。
その為、高値で売る為にも迅速に行動するように心掛ける必要があるのです。
また、減額を防ぐ為には保管方法に気を配る事が大切です。
車の状態を悪化させてしまう原因の一つとして雨が挙げられますが、雨に降られる事によって価値を落としていく事になりますので、売れるまではビニールシートを被せるなどして対策しなければいけません。
また、できる事なら車庫などに入れて湿気などからガードする必要もあります。
何にせよ高値で売る為には早め早めの行動を心掛ける事が最も重要になります。